純銀製(925) 1880年 特級 ポジーホルダー
純銀製(925) 1880年 特級 ポジーホルダー





 
ホームシルバー(純銀)純銀製(925) 1880年 特級 希少 ポジーホルダー
商品詳細

純銀製(925) 1880年 特級 希少 ポジーホルダー

[在庫なし]
純銀製(925)1880年ごろの制作、とても繊細で美しい、鋳金細工をアプライした、銀器職人の手仕事が見事な特級レベルのポジーホルダーご紹介いたします。

ポジーホルダーは、小さな花束を入れる携帯用の花器です。ブローチになっているものもあります。ヴィクトリア時代の街中は非常に汚く、臭かったようで、貴婦人や令嬢がそういうところを通らなければならないときに香りのよい、ラベンダーや、薔薇の花などの花束を入れて手に持ってにおいをかぎながらやり過ごしたそうです。
このポジーホルダーは、指にはめることが出来るように、チェーンの付いたリングが付いています。テーブルの上にも置けるように3本の脚が付いています。携帯時にはその脚をホルダーに収めることが出来ます。

メーカーは、Barnet Henry Joseph & Co. 1865年創業の宝飾品製造業及び、卸売業でした。 1878年にロンドンにショールームを開き、1889年にはロンドンで一番大きい宝飾店の一つとなりました。1929年にほかの宝飾店と合併しました。
 
純銀のマークや、アセイオフィスのマーク、制作年は付いておりませんが、たまに、小さなものにはマークがついていない場合がございますが、純銀製、1880年代ごろのものである事を保証いたします。


宝飾店のものらしい、繊細な手仕事の鋳金細工で作られた、薔薇のガーランド、葉模様、葡萄のモチーフ、ハートのモチーフなどが丁寧に溶接されています。特に縁の周りに溶接された、スクロール装飾の繊細さには鳥肌が立つほどです。
上部の細かな彫刻はもちろん手彫りです。

溶接された部分は金鍍金をされておらず、下地のみ金鍍金がされており、もともとはもっと華やかな金鍍金で銀色のモチーフが浮かび上がるようだったのだろうと思います。今は、落ち着いた金色に退色していますが、アンティークとしての美しさを醸しています。縁周りのスクロール装飾も鋳金細工を溶接したものですが、2か所程、モチーフが取れてしまっているところがございます。一つは写真で大写しにしていますので、目立つようですが、なくなっている部分は実際には1.5mm角程度の大きさです。二つ目は写真に写っていませんが、1mm以下です。
蓋の開閉と、脚をしまう部分はばね式になっていますが、緩みもなく、とても良い状態です。

ポジーホルダーは、宝石が付いているものもあり、貴婦人に使われた、とても美しい装飾品です。身に着けるものなので、よい状態で残っているものが少なく、さらにイギリスではコレクターアイテムとなっているため、なかなかこのように状態の良いものが見つかりません。

ぜひ、この機会にどうぞ。


この商品はイギリスからの追跡付き航空郵送料が無料です。

こちらの商品はロンドンの老舗高級アンティーク銀器店との合同販売となっております。在庫チェックは常にしておりますが、ロンドンの実店舗でも販売されているものですので、まれに行き違いで売り切れとなっている場合がございます。 近い将来などにお買い上げをご希望の場合は、予約等をお勧めいたします。

こちらの商品の動画をこのページの一番下にアップしておりますので、ぜひご覧ください。(全画面表示にてご覧になると、より詳細が見やすいかと思います。)



サイズ

直径:約4.5cm
高さ:約11cm
重さ:約76g








純銀製(925) 1880年 特級 希少 ポジーホルダー

[在庫なし]
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス