アンティークシルバー、アンティーク銀器、純銀製(925) 1902年 Walker & Hall 透かし細工サービング/シュガーシフタースプーン
アンティークシルバー、アンティーク銀器、純銀製(925) 1902年 Walker & Hall 透かし細工サービング/シュガーシフタースプーン





 
ホームシルバー(純銀)アンティークシルバー、アンティーク銀器、純銀製(925) 1902年 Walker & Hall 透かし細工サービング/シュガーシフタースプーン
商品詳細

アンティークシルバー、アンティーク銀器、純銀製(925) 1902年 Walker & Hall 透かし細工サービング/シュガーシフタースプーン

販売価格: 34,000円
[在庫数 1点]
数量:
アンティークシルバー、アンティーク銀器、純銀製(925) 1902年 Walker & Hall ロココ風の柄の装飾と透かし細工が美しい、サービング/シュガーシフタースプーンをご紹介いたします。 


アセイオフィス:シェフィールド
制作年:1902年
製作者:Walker & Hall


メーカーのWalker & Hallは、ヴィクトリア時代のイギリスで最大を誇った、この時代を代表する重要なシルバースミスの一つです。のちにかの有名なMappin & Webb と合併しています。


ハンドルには見事なロカイユ装飾が施され、ボウル部分はクロス状の模様が丁寧にハンドカットされています。ボウルの裏にも貝殻を模した装飾が手彫りされています。


こちらのスプーンはサービング用のスプーンか、シュガーシフタースプーンかちょっとわからないところがございます。シュガーシフタースプーンは今までご紹介していたものはスプーンのボウル部分の角度がが柄に対して直角に近いものが多く、柄もカーブしているものが多いです。

しかし、このスプーンは普通のスプーンの形です。普通のスプーンの形で透かしのあるものはフルーツサラダなど汁気のあるものの汁気を取ってサーブするサービングスプーンであることが多いのですが、それならテーブルスプーンよりも大きいのが普通なのですが、こちらのスプーンは、ちょっとジャムスプーンよりは大きめ、と言ったサイズで、用途がはっきりしません。

 
もしかしたら、ピクルスなど、汁気のある小さなものをサーブするスプーンなのかもしれません。 イギリスのこの時代は非常にカトラリーの種類が多く、一つの用途にしか使えないカトラリーも多くありましたので、そういったものの一つかと思います。 

現代では、シュガーシフターとしても、フルーツサラダなどのサービング用にもご自由にお使いください。



目立ったキズやスレはなく、とてもきれいなエクセレントコンディション。


こちらの商品はイギリスからの追跡付き航空郵送料が無料です。


最初からセール価格! 
円安に挑戦しています!
こちらのお品は最初から最低価格でご紹介しています。著しく為替レートが変わった場合には価格が変更となる場合がございますが、セール時にこれ以上安くなることはございません。



サイズ

長さ:約15.8cm
重さ:約38g






アンティークシルバー、アンティーク銀器、純銀製(925) 1902年 Walker & Hall 透かし細工サービング/シュガーシフタースプーン

販売価格: 34,000円
[在庫数 1点]
数量:
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス